スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華絢爛

サロン・ド・サセの入り口はってすぐにとても華やかな結納セットが登場しました。

最近では、顔あわせのみの食事会がおおくなっていますが、結納とはこれからのお2人を願って行うものなのです。


いつ結納ってすればいいのか?


結納は結婚式の3~6ヶ月前に行うのが一般的で、六曜の大安・先勝・友引などの吉日に行う場合が多いのですが、最近では、仏滅以外の都合のつく日に行うのが普通になってきています。

しきたりを気にする方もおられるので、両親と相談して決めるのが良いでしょう。

結納品は、いろんな意味が込められている縁起物です。

結納品は正式には9品目ですが、略式の場合、7品目・5品目・3品目のいずれかで、二つに別れないという縁起かつぎから品数は奇数にします。

関東式の結納品

①目録(もくろく)
結納品の品名や数を記載したもの

②長熨斗(ながのし) 
「のしあわび」という干したアワビのことで、伸ばすと長く伸びることから、「末長く」または、「長寿」という願いが込められている。

③金包(きんぽう)
包んだ結納金のことで、男性側は「御帯料」、女性側は「御袖料」とする。

④勝男節(かつおぶし)
鰹節のことで、武家社会でめでたいものとされていた。

⑤寿留米(するめ)
スルメのことで、日持ちすることから、「幾久しく」(変わらず末永く)という願いが込められている。

⑥子生婦(こんぶ)
昆布のことで、「よろこぶ」→「子宝に恵まれますように」という願いが込められている。

⑦友志良賀(ともしらが)
白い麻糸のことで、「共に白髪になるまで長生きできますように」という願いが込められている。

⑧寿恵広(すえひろ)
1対の扇のことで、「末広がりに繁栄しますように」という願いが込められている。

⑨家内喜多留(やなぎだる)
柳の木でできた酒樽のことで、「沢山の福がありますように」という願いが込められている。



P1030811.jpg





少しはわかっていただけたでしょうか?


早乙女
スポンサーサイト

コメント

Secret

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。