スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひなまつり

あかりをつけましょぼんぼりに~~♪♪

今日は、ひなまつり
そもそも<ひなまつり>ってと思い調べてみました。

ひなまつりとは?
女の赤ちゃんが生まれて、はじめてむかえる「ひなの節句(せっく)」を初節句といいます。3月3日のひなまつりがこの日にあたり、正しくは上巳(じょうし)の節句といいます。「上巳」とは、3月のはじめの巳(み)の日からきていますが、のちに3日にさだまり、ちょうど桃(もも)の季節なので、今では「桃の節句」という名でしたしまれています。桃は、むかしから邪(じゃ)をはらう霊木(れいぼく)とされています。

うーーん。

ひな人形をかざるのはなぜ?
人形(ひとがた)または形代(かたしろ)とよぶ草木、あるいは紙やわらでつくった人形に、自分の災厄(さいやく)をうつして海や川に流した「おはらいの行事」と、平安時代にはじまるお人形遊び(ひいな遊び)とが、長い間に結びついたのが、現在の「ひなまつり」です。
ひな人形には生まれた子どもが、すこやかでやさしい女性に育つようにとの親の願いがこめられています。つまり、ひな人形をその子の形代と考えて、どうぞ災(わざわ)いがふりかかりませんように、また、美しく成長してよい結婚(けっこん)にめぐまれ、人生の幸福をえられますようにという、あたたかい思いをこめてかざるのです。
ほっーーー。

当たり前に、3月になると飾ってあるお雛様がこんな意味をもつなんてしりませんでした。
早乙女家にも、人生の幸福を願って早 ○十年と毎年飾っております。
家族に感謝・・・


家族の愛をたくさん貰ってご結婚なさる方サロン・ド・サセで会いましょう。


早乙女


スポンサーサイト

コメント

Secret

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。